kulala giornale

帯状疱疹

こんな病気にかかってしまうオトシゴロになってしまったんだなぁ。ワタクシも。
『60歳代を中心に50歳代~70歳代に多くみられる病気ですが、過労やストレスが引き金となり若い人に発症することも珍しくありません。』
ですって。
それにしても痛いよぉー。いったいよぉー。
針でチクチク刺されている様な痛みだったりドォーンと押される様な痛みだったり。
火傷にお湯かけてる様な痛みだったり。
かと思えばチリチリ痒かったり。← 掻けばもちろん痛いので触れませんが。
話には聞いていたけど辛い。
歩くだけで、服が患部をさらりとこすれるだけでイタタタタ>。<
困ったもんだ。
c0156345_16405083.jpg

異変が起きたのはさかのぼること1月23日あたりでした。
右脇腹がとっても痒かった。
肌の表面には何もできてなくただ痒かった。
翌24日には掻いたあとがちょっと痛い様な。。。
そして25日 オットの仕事がお休みだったので雪遊びでぐんぐん群馬まで出かけました。
出かけたことで気が紛れてこの日は痒みをちょっと忘れてました。
この日の雪は数日前からの積雪で超~パウダースノーだったけど積もりすぎていて遊ぶ予定の広場まで辿り着けなかったの。
Lidoは一生懸命ラッスンゴレライ♪ ラッセル♪ ラッセル♪ してくれたんだけどね。
視線の高さ以上の雪の中を歩くのがくぅちゃんは怖かったようでイヤだ帰る‼ って感じ>。<
フカフカバフバフの雪なのに降りすぎで遊べずお散歩だけしかできなかったよ。残念。
そのあとやって来たゴールデンちゃんは少し遊べていたみたいだけどね。
でさ、駐車場をLidoと歩いてて思いっきり滑って転びました(恥)
あんなに豪快に転んだのは人生初だわ。
でもね、リードは放さなかったよ^^
・・・ってこの日の話はまたそのウチに。

(ちなみに上の写真は群馬ではなく福島の裏磐梯 五色沼散策でのイチマイです。
前夜からパラパラと降った粉雪がキュッキュっとイイ音しちゃってるし白い雪は青空のブルーが映りこんでキレイな空色なんです^^)


あっ 25日と言えば・・・おひょいさんが亡くなってしまったね。大好きだったなぁ。



話が散らかっちゃった・・・痛い話に戻るけど。
その後ずっと痒くって、そのウチどこか内臓が悪いのかしら?と不安になって検索してみたり。
帯状疱疹もチラリと脳裏をかすめたんだけど、とにかく肌表面には何もできてなかった。
時は流れて2月2日。
肌表面に赤いポチができました。
そして3日。
お散歩に行こうとしたらナニやら痛いぞぉ。
検索条件が変わってきたぁー‼ ってゆーかコレやっぱり帯状疱疹じゃね?
とりあえずチャチャっとお散歩だけは済ませて~。

晩ごはんはオットがお寿司屋さんで買ってきてくれたごんぶと恵方巻を『痛い‼痛い‼』と騒ぎながら食べ切って^^
喋ったらイカんのにね。
んで、あまりの痛さに福まめ食べるの忘れちゃって>。<
翌4日。
やっと皮膚科に行きました。
先生や看護師さんから『痛いんだよなぁ~。かわいそうに』と優しい声をかけてもらって泣きそうになりました>_<
血液検査・尿検査・ごんぶとお注射をチックンしてもらってお薬処方してもらって急いで家路につきました。
ウチに近づくと可愛らしい遠吠えがおーーーん♪ おーーーーーん♪ と^^;
Lido。。。Youが鳴いてるとmeguちゃんがお留守なんだなぁ~ってご近所さんにバレバレなんだよ♡
まずは1週間お薬をしっかり飲んで安静。

一緒にお散歩行けないなんて今までなかったな。
闘病中(大袈裟)は夜も明けぬさっむーい早朝にオットが連れて行ってくれたけど、ぬっくぬくのお布団から2月の寒空の寒暖差は一体いかほど?
起きてしまえば喜んで出かけて行っちゃうくぅちゃんだけど11歳とそう若くはないワケで。
(モチロンLidoも一緒ですよ)
温かオヨフクを重ね着させているとは言えね。
早朝さんぽは3日でご辞退申し上げました^^
お散歩行けなくても催促もせずひたすら添い寝❤
Lidoはときおり痛いワタシのお腹の上にまぁるくなってすやすやしてくれて>。<
ありがと。ありがと。

しっかり治さないと『帯状疱疹後神経痛』になって長引いてペインクリニックに通わなくてはいけなくなるそうなので。
とにかく安静。安静。
[PR]
by lealeakulala | 2017-02-07 17:33 | 病院 健康