kulala giornale

川崎市 夜間動物救急センター

自転車に乗って ボクはまたお医者さんに行ったよ。
c0156345_238863.jpg

昨晩 Lidoの具合が悪くなり夜間動物救急センターに連れて行きました。
明けて本日 朝イチでかかりつけの獣医さんへ=3=3

最初にお伝えしておきます♪ Lidoは復活&元気モリモリなので安心してくださいね^^



ココからは昨日のLidoの様子とはじめてお世話になってしまった夜間動物救急センター(以下センター)のコトを書いておきます。
お世話にならないに越したことはありませんが、万が一の時の為にちゃんと知っておいた方が良かったかな・・・
ってコトをダラダラと・・・












昨晩の様子・・・
晩ごはんを食べた後、間もなく2Fに上がり食べたばかりのごはんを吐きました。
ちょうど会社から帰って着替えていたオットはソレらを手でキャッチするも。。。
手だけでは足らず>。<
場所はワタシたちのbedの上-_-
まだキモチ悪そうにbed上をウロウロ@@
ワタシはタオルをLidoの顔(クチ)の下に敷くために追いかける。
そして苦しそうに『ウォー』っと声をあげながら2度吐きました。
それからウロウロ歩き回りながらくぅちゃんのbedやワタシの毛布、床やオットの脚などを目に留まるモノすべてをペロペロと舐めまくる。

くぅちゃんと比べるとLidoは小さな頃からよく吐くタイプの(?)犬です。
お腹が空き過ぎると胃液を吐いてしまったり、クルマに乗ってもパピオの頃はよく吐いていました。
晩ゴハンも早い時間に食べさせると朝方吐いてしまうので、いつも7時半頃にあげています。


声をあげながら苦しそうに吐くLidoを今まで見たコトがなかったので、どうしちゃったんだろうと不安になりました。
そしてこのペロペロ行動は一体ナニ?
Lidoを1Fに降ろしてみると、雷が鳴った時のように落ち着かず、鼻を鳴らしながらウロウロ&ペロペロが止まらず。
そして再度吐く。
その声が本当にツラそうで(ありえないとは思うけど)内臓が出てきてしまうのでは? と思う程スゴくて(涙)
Lidoが死んじゃう‼ って思ってしまいました。

ゴハンを食べたのが8時半頃で吐き出したのは10分後くらいでした。
この時点で獣医さんに連れて行こうと思い、診療時間は過ぎていたけどダメモトでデンワをかけてみました。
やはり留守電になっていて、緊急の場合の夜間診療している獣医さんの連絡先が案内されていて慌ててメモを取ってデンワをかけ直しました。
その獣医さんは横浜にあって『連れて来てください』と言って下さったのですが、ふと川崎市の獣医師会で運営している夜間救急センターの方が近いのでは・・・と思い、そのコトを伝えてみました。
気が動転しているのでアタフタと話してしまっていたと思います>。<

応対して下さった女性は『ソチラでも大丈夫だと思いますが、もし対応してもらえなかった時にはコチラにお越しください。みなさまにお伝えしているので一応申し上げます。診療は8,000円かかります。その他検査等は別途料金がかかります。動物保険はアニコムは取扱いがありますので、有効の保険証をお持ち頂ければその場で処理させて頂きます。』と丁寧に説明してくれました。
そのあとすぐにセンターにデンワしてみると診療時間は午後9時からと留守電になっていて>。<
その時8時50分・・・どうしよう。
Lidoを落ち着かせるためにバリケンに入れて出掛ける支度をして。
Lidoとワタシたちのバタバタな様子にもちろんくぅちゃんもアワアワ>。<

オットには横浜の獣医さんの場所をネットで確認してもらいつつ・・・
あと数分で9時‼
9時になるのを待って川崎のセンターにデンワしてみるとでた‼
そして連れて『来て下さい』とのコトだったので川崎のセンターに行くコトにしました。
ちなみに、川崎のセンターは高津区の多摩川沿いにあって、信号も少ないのでウチからだと夜なら15分くらいで行けるのです。
(更にちなみに川崎のセンターは日本動物高度医療センターの敷地内にあります)

クルマの中でもLidoは落ち着かずクンクンペロペロ。。。
多摩川沿いをぶっ飛ばして走ればイイのに、ナゼか1本内側の信号が多い道を走るオット。。。
どうして?? もしや。。。
オットとワタシの頭の中での目的地が違っていました。
オットは武蔵小杉付近にあるアニマルメディカルセンターに向かっていました>。<
ちょっと時間をロスしてしまった‼
急いで多摩川沿いの道に出て走る=3=3

多摩川沿いを走って第三京浜のガードをくぐる辺りで『距離的には横浜の獣医さんでも変わらないかも。港北インター降りたらスグだし』とオット。
一瞬迷ったけど今回は川崎のセンターに向かいました。
途中Lidoが静かになって『Lido生きてる?』と確認したくなるほど不安。
バリケンに指を入れるとペロっと舐めてくれる。。。良かった。

センターに到着してLidoを連れて入りました。
オットが問診票を記入している間もLidoは落ち着かず待合室の床を舐めようとする。
診察台に乗っても落ち着けず。
でも体重を量る時の『Lidoすわって^^』ってコトバは聞いてくれました。

晩ごはんからの成り行きを説明して診察がはじまりました。
興奮しているので鼻の頭のピンクの部分も目の周りも赤くなってました。
『血液検査とレントゲンを撮りますので飼い主さんは待合室でお待ちください』
待つコト数分・・・診察室からは『おとなしくしてたらスグ終わるよぉ~  はいイイ子だね~』と聞こえて来ました。
これがもしくぅちゃんだったら・・・と考えると・・・イヤイヤ考えるのはやめよう。
(もちろんくぅちゃんも一緒にセンターまで来ましたよ^^ クルマの中で待ってもらってました。)

検査結果が出るまで20分くらいだったかな?
待合室で一緒に待っていたLidoも徐々に落ち着いてきてました。
この時点ではまだ何も治療はしてもらっていません。

結果発表でふたたび診察室へ。
レントゲンでは特に異変・異物は見つからず。
(先生は異物誤飲を疑っていたのかな? 過信はイケナイけどLidoが異物誤飲するコトは無いと思っていたので、ワタシ的には??? って感じでした)

ガスが溜まっているとのコトでしたが、それは興奮状態でハァハァとパンディングしたからでしょうと。

血液検査の結果は多少の異常値はありましたが、それは吐いたコトによるものでしょうとのことでした。

説明を受けている時点のLidoは診察室の探検をする余裕が出ていました。

Lido 犬生ハツのレントゲン写真。
c0156345_2385193.jpg



お腹の中に宇宙人の顔がいっぱいあるように見える^^;
c0156345_2385742.jpg



血液検査結果
c0156345_239443.jpg

特に重篤な異常は見受けられず。
治療としては抗生剤と吐き気止めの注射を1本ずつ打ってもらいました。
注射の時Lidoはピクリともせずオスワリしていて、先生が『注射は平気なんだなぁ~』と^^;
レントゲンではジタバタしてたのかもね^^



先生からは『明日かかりつけの獣医さんでもう一度診てもらってくださいね』とのコトで獣医さん宛にこの様な報告書を作成して下さいました。
レントゲン写真と血液検査票とまとめて封筒に入れてくれました。
c0156345_2391010.jpg



そしてコレが請求書
何度も言っちゃうケドも^^;
夜間救急なんてお世話にならないに越したことはないんだけど、いざと言う時のご参考に。
このくらいかかりました(痛っ)
c0156345_2391596.jpg

全部吐いてお腹が空っぽのLido
晩ごはんはあげてもいいですか?と聞くと『いつもの1/3くらいにして明日はゴハンを食べずに獣医さんへ行って下さい』と言われてしまいました。
腹ペコLido・・・また吐いてしまうよぉーと心配でしたけどギリ大丈夫でした。
朝ゴハン・・・くぅちゃんもLidoに付き合わされてオアズケ^^;
しかも、朝からひとりぼっちで留守番させられて-。-  くぅちゃんスマン‼


そして本日 いつもの獣医さんへ。
最近 獣医さんへ行くことが多いLido>。<
待合室でも静かに待てるようになりました。
c0156345_2393993.jpg

今日は患者さんが3匹いました。
獣医さんへは『空いていますよーに』と願いながらペダルを漕ぐワタシ=3=3
待合室に入ると飼い主さんに抱っこされてウエから吠え吠えのワンコと、おとなしくて可愛い笑顔で『遊ぼう♪』と寄ってくるワンコ。
大丈夫かな? とドキドキしたんだけど、Lidoはソッポを向いてフセをしました。
キュンキュンと小さく鼻を鳴らしながらだけど上手に『回避』してました。

コチラでの診察は今日もとっても解りやすくスッキリできました。
『先に触診させて下さいね。そのあと昨日の詳しいコト聞かせてくださ~い』って。

Lidoの体重は6.6kgに減ってました>。<

昨日吐いたのは『おそらくお腹が空いてるところにガツガツ食べたコトが原因でしょう』と。
そして吐いたコトで胃の中がムカムカ気持ち悪くなって更に吐き気を誘発してしまった。
ペロペロ舐めまくったのも気持ち悪かったからだそうです。

結局 Lidoの具合を悪くさせたのはワタシなのです-_-
鬱陶しい梅雨時はイヌもヒトも体調を崩しやすいって分ってるハズなのに、もっと気遣ってあげればよかったのに。。。
普段は何でもないコトも気を付けなくてはいけない時期もあるって知ってるのになぁ。。。

ゴメンよLido。
辛い思いをさせてしまった。
いつもいつも後悔して反省して・・・ダメな飼い主なんだよね-_-


今回は川崎のセンターにお世話になったけど、獣医さんで紹介(提携病院)してくれている横浜の救急診療センターはどんな感じですか? と聞いてみたところ・・・
①緊急手術等に対応できる設備が揃っている
②診療時間が昼12時~翌朝9時まで
③スタッフ数が多い

あとからHPを確認してみて納得‼

川崎のセンターは①についてはワタシは未確認で診療時間は夜9時~2時まで。
スタッフは獣医師と看護師さん(スタッフ)が1名ずつ。

どちらのセンターも『夜中になにかあったらどーしよう』って時にとっても心強いです。



ご近所さん♪ もしもの時の為にHPはコチラ
川崎獣医師会 夜間動物救急センター

DVMsどうぶつ医療センター横浜


獣医さんの隣にある小さな公園にあじさいが咲いていました^^
c0156345_2394457.jpg



獣医さんでの緊張から解き放たれてクンクン楽しむLido♪
c0156345_239503.jpg



胃の働きをよくするお薬3日分出してもらいました。
c0156345_2395579.jpg

ウチに帰って腹ペコLidoくんとお留守番&腹ペコkulalaさんの朝ゴハン♪
ガッツリ食べたいキモチを抑えてもらって、少しずつ数回に分けてお上品に食べてもらいました^^;
晩ゴハンも同様にお上品に。。。 

今回は本当に可愛そうな思いをさせてしまいました。
もっともっと大切に育ててあげないとダメですよね。
可愛い可愛いくぅちゃんとLidoなんだから‼   


長くてグダグダな日記にお付き合いさせちゃってスミマセン-_-;

雷・豪雨・雹など異常気象で大変な近頃、みなさまもわんこさんもご自愛下さいませ。
[PR]
by lealeakulala | 2014-06-18 23:18 | 病院 健康